土佐電子土佐電子

  制御機器> rpm変換基板
rpm変換基板

特徴
エンコーダからのA相またはB相の信号(デジタル信号)をPICマイコン(PIC16F819)で解析し、回転数(rpm)をアナログ信号に変換して出力する変換基板です。

A/Dコンバータのあるマイコンを搭載していれば、どの基板でも回転数を読み取ることが可能です。
タイマーや割り込み処理を書かなくてもA/D変換で回転数がわかるため、プログラムを簡素化できます。
PICマイコンの開発環境がなくても、開始コードと4桁の数字を送信することでパソコンへの回転数送信の有無、エンコーダの分解能(1〜500)を設定することができます。設定専用ソフトを付属しているので、簡単に設定することができます。


製品の詳細

図

CPU: PIC16F819(Microchip)
D/Aコンバータ: MCP4922(Microchip)
電源電圧: 6〜16V
エンコーダ入力: 1ch(+5V, A相またはB相, GND)   読み取れるエンコーダの周波数は100〜50,000Hz
アナログ出力: 1ch
  出力電圧 0.01〜4.96V
  データ更新間隔 約10.5ms(PCへの回転数送信無し) / 約20〜22ms(PCへの回転数送信あり)
基板サイズ: 35mm×73mm
シリアルポート搭載
PCへの回転数送信の有無、エンコーダの分解能(1〜500)を設定することが可能
設定により回転数をPCへ送信することが可能
通信仕様:ボーレート9,600bps
設定専用ソフト付属

設定専用ソフト

*
設定専用ソフトのダウンロードはこちらから

お見積・その他は→*

ご注文に際して
●学校公費扱いの対応可能です。(見積書・納品書・請求書を商品発送時同封)
●その他カスタマイズが必要な場合は別途対応させていただきます。
●在庫が不足している場合は納期をいただく可能性があります。

rpm変換基板 rpm変換基板
重量/20g


11,110
(内消費税 1,010 円)

個 

ご注意!)64ビットOSでの付属のUSBケーブル用ドライバのインストールは確認できておりません。64ビットOSをお使いの場合は、RS232Cケーブルとの交換が可能ですのでお問い合わせください。

※製品の仕様は予告なく変更する場合があります。

電子部品-電子基板-回路 アッセンブリー設計-組立「土佐電子」

土佐電子webショップ 担当:岸本 敦
〒781-1102 高知県土佐市高岡町乙61-10
【納期のお問合せ】TEL 088-850-2600 FAX 088-850-2601
【技術的なお問合せ】お問い合せフォーム